スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建ブロの日【11月18日 土木の日を考える】

  • 2007/11/12(月) 12:34:56

元気ですか~!

と、猪木風の御挨拶で書き始める今日は、毎月恒例の建ブロの日

今回のテーマは、【11月18日 土木の日を考える】

裏の裏を読んで、誰も書こうと思ってかぶりそうなネタは、何故11月18日なのか?

十一月十八日






繋げると土木になるのです

土木の語源などは、とっても便利なwiki検索でご覧下さい。

テーマは土木の日を考えると言うことなので、前文で終了しても良いのだが、あまりにも面白くないので、土木自体を考えてみる。

土と木で、土木。

土木の原点は、大地と自然にあるのではないだろうか。

大地を掘り、自然を壊すだけが土木であってはならない。

壊された自然に、命を吹き込む事も土木でなくてはならないと思う。

私がいつもお世話になっている会社では、そんな取り組みをしようと奮闘しています。

工事で発生した木材や、草等の有機物を堆肥にして土に返す取り組みである。

工事の為に伐採された木々を、リサイクルという名の元にチップにしてしまう。

そのチップを燃やしてしまっては、温暖化の原因とされる二酸化炭素が大量に発生する。

そして地球の砂漠化が進行する。

まぁ、極端な話しのようだが、少なからず影響しているのは間違いない。

塵も積もれば何とやらなのである。

その会社では堆肥を作って土に返す。

土に返した堆肥は、木々を育ててくれる。

本当のリサイクルって、循環しなければ意味が無いのだ。

土木の可能性は、まだまだ広がって行く。

そうあって欲しいという、私個人の願いなのかもしれない。

土木には、色々な分野がある。

将来、環境土木として自然を取り戻す為の専門分野が出来ればと思うのは、私だけだろうか。



最近、現場事務所内にてんとう虫が入り込んでいます。

たまにカーテンにとまっていたり、蛍光灯の周りを歩き回っている。

小さな友達が出来た気分なのでした。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

十一月十八日がなぜ土木の日なのかはじめて知りました。
単純と言えば単純ですが、なかなか面白い理由だったのですね。
少し賢くなりました。(笑)

  • 投稿者: カルゴン
  • 2007/11/13(火) 14:02:45
  • [編集]

「土木」=「理系」
というイメージが学生の頃からあります。

これからの「土木」の色々な分野が
もっと身近に感じられるようになると
いいですね。

ブログを訪れるようになってから
「土木」に携わる方たちには
かなり親近感を感じるようになりました。

  • 投稿者: かねちゃん
  • 2007/11/13(火) 15:17:13
  • [編集]

てんとう虫ですか~。
年齢的には「てんとう虫のサンバ」が好きです♪

我が家にも最近、カメムシが進入します。それも、ベランダの洗濯物にくっつく知的手段で侵入するんです。

先週も夜にテレビを見ていると突然、居間の照明に飛び立ちました。かわいそうなので、そっと掴んで外に逃がしました。

そんなカメムシですが、もぐらさんの家では、一匹一匹命名するようです。http://mogura.livedoor.biz/archives/51088692.html

  • 投稿者: だいひまじん
  • 2007/11/13(火) 16:51:42
  • [編集]

どうも、1週間の放置プレイをして済みません;;

♪カルゴンさん

今日はどうも^^
髭が似合ってましたね。
羨ましい!
私も伸ばしたいけど、嫁と会社が・・・

♪かねちゃんさん

ん?理系には親近感を感じないのかな?
私は出来損ないの理系なので、本物よりは屁理屈こねないです。
陰は薄いようですが、その分付き合いやすいですよ^^

♪だいひまじんさん

我が家では、烏に1羽1羽名前を付けます。
基本形が「かーた」から始まって、あまり多いと「かーたが一杯」で終了になります。
ついでに、只今先月捕まえたトンボを息子が越冬させています。
我が家は生き物大好き家族(嫁は無視が苦手)です!
でも、カメムシは・・・

  • 投稿者: きーさん
  • 2007/11/20(火) 19:41:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。