スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改善提案と創意工夫(昨日の続き)

  • 2009/06/06(土) 11:55:00

昨日の続きです

建設業において創意工夫は、工事を進めるうえで重要な事柄です

・現場の作業を如何に効率よく進めるか

・より安全な作業を行う為の手法はないか

・地球の環境悪化を如何に防ぐことができるか

・地域のために貢献できないか

等と、工事の評価にも繋がります

また、会社全体で知識を共有することは会社の財産とも言えます

また、オフィス活動(内勤)においても、創意工夫で仕事の効率化が図れるでしょう

私の在籍している会社では、年に個人で6件,チームで3件の改善提案・創意工夫の提出が義務づけられています

正直言って、ちょっと多いですね・・・

昨年度末の期限ギリギリになって、こぞって改善提案や創意工夫が提出されました

社員の会社を良くしようという意識の現れ(?)

それとも、期限内になんとか間に合わせただけ(?)

まぁ、提出された内容を見れば一目瞭然でしょう

で、私が疑問に思うこと

○現場で行われている創意工夫は、これとは別に情報を共有すべきでは?

おかげで改善提案件数が意外に少ないですからね

○改善提案を匿名でも提出できるようにすべきでは?

悪いことを指摘するわけですから、中には意見に反感を持つ人がでる可能性があります

例えば、平社員が上司に不都合な内容の提案をするとか・・・

○現場での創意工夫を別個に情報共有するかわりに、改善提案の件数を個人で4件程度に減らせないかな?

一人6件も改善提案があがるような会社じゃないはずだから

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。